« 2012年8月 | メイン

2012年9月

2012年9月 4日 (火)

弘雅くんの初節句

アメリカにお住いの菊地 弘雅(きくち ひろまさ グラハム イーソン)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

 2011年11月1日生の弘雅くん。
ママに抱っこされて嬉しそうな弘雅くん☆
かっこよく記念撮影もできました♡

『祝!初節句』 

Photo_22_2

年も押し迫った12月、長男誕生におじいちゃんとおばあちゃんが鎧兜を買ってくれると言ってくれました。 

 私たち両親からも親の愛情を形にしたいと、インターネットで検索開始。実は以前「週刊ダイヤモンド」でふらここさんの記事を読み、素晴らしい職人さんがいることは知ってはいたのですが、その時はまさか自分が購入することになるとは考えていませんでした。

 その後、サイトを色々調べてみると、数ある中でもふらここさんは海外発送をしてくれるということを知りました。これまでの評判を聞いていたので、商品を直接見ることができないという不安も吹き飛び、早速商品を選び始めました。

 

時差の関係で電話でお話しできないことが少し気に掛かりましたが、家紋や名入れ、支払い方法など、メールでの問い合わせにも丁寧なお返事を下さったこと、肌理細やかな対応に心打たれ、購入を決めました。

 

実家の妹に代理で注文してもらいましたが、海外へのオーダーにもタイムリーに対応していただき、しっかりした梱包に詳しい説明書入りの配送で、ふらここさんに頼んで本当によかったと思っています。

4月中旬からアメリカの友人らにお披露目を始め、どれも本格的な作りに大好評でした。 

 

Photo_23_2


写真は、近所の写真館に記念写真を撮りに行った時のものです。

 

アメリカでは残念ながら5月5日は祝日ではないのですが、今年の端午の節句はちょうど土曜日。

 

外国在住が故に日本の伝統行事を祝うのは決して簡単ではありませんが、手作りのお料理と共に無事初節句を迎えることができました。

 

アメリカ人の父と日本人の母を持つ我が息子。両国の文化を引き継ぎ、国際感覚に優れた人物になってもらいたいと願うばかりです。

  

これから毎年、息子の健やかな成長を願い、大切に飾りお祝いをしていきたいと思っています。

仁子ちゃんの初節句

 三重県にお住いの丸田 仁子(まるた にこ)ちゃん。
 
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。
 

2010年11月7日生の仁子ちゃん。

ご自慢のピカピカのケースにご満悦の仁子ちゃん☆  

Photo_21_2

ふらここのひな人形を初めて見たとき、あまりの可愛さに「絶対に、このひな人形を飾りたい!」と思いました。

しかし、残念ながら既に完売。他も検討したのですが、あの可愛らしいお顔、雰囲気がどうしても忘れられません。

初節句を迎える娘には申し訳ないと思いつつ、1年間待つことにしました。

 

 1年後、ついに念願のひな人形を購入!!実物のお雛さまを眺めていると「待ってよかったなぁ」と嬉しさがこみ上げると同時に、私には大きな悩みがありました。それは、我が家の2匹のネコ。

初節句に何もないのは可哀想だと思って飾った、布製のお内裏様とお雛様は、気が付けばいつもネコが咥えて行方不明…。

それに、ワンパク盛りの娘は、絶対に人形を触ってしまう…。

 

 主人と悩みに悩んだ末、大切なお雛さまを守るケースを買うことにしました。たまたま安く売っているアクリルケースを、インターネットで見つけて購入。実際に飾りつけてみると、まるで専用ケースのようにピッタリサイズでした。

もちろんネコもイタズラはできず、娘もとても気に入ったようで、毎日ケースの中のお雛さまを眺めていました。

これからも毎年、家族みんなで一緒に、桃の節句をお祝いしようと思います。

真佳ちゃんの初節句

愛知県にお住いの石河 真佳(いしかわ まなか)ちゃん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

 

2011511日生の真佳ちゃん。
お雛様の前で楽しそうな笑顔の真佳ちゃん☆
これからもずっと一緒にお祝いしてね♡

Photo_18_2

最初は雛人形を買うかどうか迷いました。

私自身は雛人形を持ってなかったので、必要ないと思いましたが、雛人形のは無病息災を願ってお祓いをする行事だと知って、買うことに検討しました。

雛人形を探して、お店に販売してる雛人形はどれもとても大きくて、マンション住まいな私達にはとても置く場所も収納場所もありません。

偶然ネットで検索してみて、「ふらここ」の雛人形を見たら、一目惚れして、とても素敵だと思い、とりあえずカタログ請求してみました。

どれも可愛くて、とても迷ってて、やっぱり実物を見ないと買えないと思いましたが、東京住まいではない私には一人で小さい赤ちゃんを抱えて、展示会まで行けないので、買うのを諦めるしかないと思いました。

 

その時娘はカタログをペラペラ捲って、一所懸命を見た姿を見て、やっぱり我が子にふらここの雛人形しかないと思い、1週間主人と悩んだ結果、娘に一番イメージに似合う「愛 京刺繍・桜色お雛人形」を購入しました。

 

 

まだ11月でしたが、売り切れの前に早めに購入して、良かったです。

 

 

Photo_19_2


お雛様が我が家に来てくれて、思った以上にとても可愛くて、私達の思いとピッタ
リな雛人形でした。大満足です。

 

お値段よりもっと価値があると感じます。素晴らしい人形作り、小物の細かいところまでも上品で、とても丁寧で作られたと感じました。

 

飾りは大変だというイメージがあり、覚悟しましたが、飾りも後方付け楽です。ダンボール一個だけなので、収納場所もあまり取らなかったです。助かりました。

 

おかけで娘の初節句楽しく過ごせました。

 

本当にありがとうございました。

毎年お雛様達と会えるのが楽しみです。

祐奈ちゃんの初節句

 千葉県にお住いの青木 祐奈(あおき ゆうな)ちゃん。
 
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

 

2011年5月19日生の祐奈ちゃん。

パパと一緒でごきげんなひな祭り♡

満面の笑みの祐奈ちゃんです♪

 

Photo_16_2

「ふらここ」を飾ってから娘は見る度、にこ~っとして、とても可愛い笑顔を見せてくれました。

 

 

機嫌が悪い時もおひなさまを見せるとなぜかにっこり。不思議な魅力です。

  

  

親王飾りにしようか迷いましたが、三人官女がいる「ふらここ」にして正解でした。

 

 

収納することばかり心配してしまったのですが、スペース的にはさほど変わらないように思いました。

 

お顔もさることながら小物も本当によくできていて感動しました。

 

 今年のひなまつりは土曜日でしたのでパパと一緒にお祝いすることができました。

 

平日は仕事で朝早く出勤し、夜は娘が寝た後帰宅する生活で、なかなかふれあう時間がなかったので、娘もパパも私もとっても嬉しいひなまつりとなりました。

  

Photo_17_6


娘の
笑顔がなんともいえません。「ふらここ」のおひなさまは家族みんなが気に入っています。「ふらここ」にして本当に良かったです。

結ちゃんの初節句

 千葉県にお住いの吉塚 結(よしづか ゆい)ちゃん。
 
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

 

201163日生の結ちゃん。
 
お雛様とたくさんの美味しそうなごちそうにごきげんの結ちゃんです

 

『守り神でもあるお雛様!?』

Photo_4

「ふらここ」さんとの出会いは12月。

 

そろそろ雛人形を買おうか、でもまだ早いだろうなぁと思ってネットで検索して出会ったのがふらここさんでした。

 

すでに売り切れているシリーズもあり、すぐにパンフレットを取り寄せ。

 

色んなところからパンフレットを取り寄せている間にもどんどん売り切れて行くので、かなり焦る私。

 

やはり最初に一目ぼれしたふらここさんのお雛様が忘れられずに購入!

 

購入の決め手はなんと言っても娘と瓜二つのかわいらいしいお人形の顔立ち!

 

それから刺繍が大好きな私にとって着物の素敵な京刺繍、最初に親王飾りで購入してもその後からお道具などを付け足していくことが出来て、テーブルの上にも置けるサイズというところも決め手でした!

 

実は、桃の節句を迎える直前に主人がインフルエンザにかかり、その後私もインフルエンザにかかる羽目に・・・。

 

娘は予防接種もしておらず丸腰のため移らないかととても心配して、どうか移りませんように!と毎日お雛様頼み!

 

おかげさまで当日、娘は元気に初節句を迎え、笑顔の写真もお雛様と一緒に撮影できて、練習していた道明寺も作ることができて感無量!!!!

Photo_7

その後もお雛様が守ってくださったのか、娘だけインフルエンザにかかることなく元気に過ごすことが出来ています!