« 2011年10月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

公祐くんの初節句

奈良県にお住いの東野 公祐(ひがしの こうすけ)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年10月11日生の公祐くん。
兜飾りに興味津々、記念撮影でもニコニコの公祐くん☆

『みんなで大喜び』

_2_9息子の初節句にとおばあちゃんがふらここさんのカタログをとりよせてくれました。どれもステキで迷いに迷って予約したかぶとかざり。

飾ってみると、コンパクトなのに小さいのを忘れるくらい存在感があってかっこよく、細やかなところまでていねいに作られていて感激しました。

あまりすてきだったので息子に見せてあげようと近づけると興味津々で手をのばしてガシッとつかんで離さずびっくり,><,

 

リビングにかざり、毎日見ほれて、家族で喜んでいます。

 

5月5日はおじいちゃんおばあちゃんと家族そろって兜飾りと一緒に息子の初節句のお祝いができました。

 _1_5

これから毎年、大切に飾っていきたいと思います。

 

すてきな兜飾りをありがとうございました。

 

慶太朗くんの初節句

神奈川県にお住いの岡本 慶太朗(おかもと けいたろう)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年8月24日生の慶太朗くん。
お人形に負けじときりりとした表情の慶太朗くん♪

『初めての五月人形』

Photo_4昨年出産し、あっという間の初節句が近づいていました。

パパは小さい頃、五月人形は買ってもらえなかったという事があり、買わなくてもいいよ・・・と言っていました。

伝統行事でもあり、まよけの意味もあると知り、4月の下旬にあわててインターネットで探していると“ふらここ”とありました。

 

気になったので見てみると、なんともふんわりとした、優しい表情のお人形が出ていました。五月人形は、ひな人形とちがって、かぶとなどなんだか固い印象でしたが、こんな人形もあるんだと感動しました。さっそく注文し、さて、箱をあけると想像以上にふんわりとしてかわいらしく、心が和みました。

 

おばあちゃんが帰ってきて、お人形をみると、「あら、けいちゃんにそっくりね!けいちゃんの顔でつくったの??」と言われ、みんなで大笑い!!

そっくりなのも何か縁があるんだと感じました。息子も興味があるようでお人形に近づいてきました。

いつか、こわされてしまうのでは・・・と不安ですが、アフターサービスもしっかりしているようで安心しています。これからも毎年かざるのを楽しみにしています。

 

律貴くんの初節句

千葉県にお住いの神谷 律貴(かみや りつき)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年5月24日生の律貴くん。
元気いっぱい!ニコニコの律貴くんです。

『力強く 健やかに』

Photo_3息子の初節句を迎えるにあたり、私の両親が五月人形を贈ってくれることになりました。

「気に入ったものを自分達で選びなさい」と言ってもらい、探し始めてほどなくしてふらここさんに出会いました。ホームページ上に並ぶ細やかなつくりの人形たちを拝見して、即、「ふらここさんの五月人形にしよう」と夫婦共に決めました。

 

そこから、どの人形にするか迷いに迷いました。どの五月人形も魅力的だったことはもちろん、夫は力強い兜飾り派、私は可愛らしい大将飾り派だったこともあり、なかなか決められずにいました。

 

そして改めて一つひとつの人形をじっくり眺めていると、一つの兜に目が留まりました。

「金銀鍬形彫金の兜」と名付けられたその兜飾りの美しい色合いと落ち着いた雰囲気に、すっかり惚れ込んでしまいました。夫に相談すると、きりりとした鍬形のラインも気に入ったとのことで、夫婦の意見が一致しました。

 

届く日を指折り数えて待ち、大安ぴったりに届いた兜を早速飾り付けました。イメージ通りの力強く美しい兜を息子と眺めながら「律貴の兜だよ、かっこいいね」と話しかけると、息子もじいっと兜を見つめていました。

 

そして迎えた初節句、息子と兜を囲んで和やかにお祝いすることができました。これからも毎年、この兜を大切に飾り、息子の健やかな成長を家族で願っていきたいと思います。

 

宗佑くんの初節句

静岡県にお住いの野川 宗佑(のがわ そうすけ)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2010年8月31日生の宗佑くん。
堂々、気合の入った宗佑くん☆

『我が家の特等席』

_2_8我が家の五月人形は、ダイニングにある作りつけのカウンターに飾りました。

 

息子はお人形の正面の特等席に座り、毎日向かい合わせで食事を楽しんでいました。

 

ライトブラウンの優しい雰囲気と木の家に合わせて選んだ「喜」

 

オーダーしたかのようにサイズもぴったりで、インテリアにも自然になじんでいます。

 

お節句が終わり、お人形をしまってみると、急にカウンターが殺風景になってしまいました。

 

また来年飾る日を心待ちにしています。

 _1_3

晴喜くんの初節句

鹿児島県にお住いの白山 晴喜(しらやま はるき)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年7月13日生の晴喜くん。
お人形さんと同じ髪型でポーズしてくれた晴喜くんです♪

『続け!「喜」いつまでも』

_1_2
最初は男の子なのでそこまで気持ちの高まりもなく人並みのものでいいや、くらいの気持ちでいました。

 

コンビミニのホームページで偶然みかけたときも「へぇ~、五月人形ってこんなにかわいいんだ~」と、それくらいしか感じませんでした。が、このときに私の中の五月人形の基準はふらここに。

 

節句が近づき、俄然張り切りだしたおばあちゃんを先頭に人形店を数軒まわりましたが、どれもイメージにあわず購入まで至りませんでした。

あるお店で店員さんが「でも、一番はやはりお母様の直感と好みですよ。」と。毎日接している母親が一番我が子のイメージをつかんでいるし、なにより毎年飾るのは母親の役目!母親が嫌々だったら人形も子どももかわいそう・・・と。それで心が決まりました。

 

再度ネットで確認。なぜか我が子の顔に似て見えて、家族も大賛成。どのセットもかわいらしかったのですが、縁を感じて、息子の名に用いた「喜」に決めました。

 

届いたお人形はますます我が子に似て見えて、かわいくて愛しくてしかたありません。

 

お人形・お着物・兜・鯉のぼり、すべてが丁寧に仕上げられ思った以上の高級感!素晴らしいもので大満足です。

 _2_5

初節句でのこの「喜」びがこれからも毎年続くように大切に飾っていきたいと思います。

 

 

 

素晴らしい「喜」びを送ってくださったふらここさんに本当に感謝です。ありがとうございました。

 

香月くんの初節句

大阪府にお住いの崎田 香月(さきた かづき)くん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年11月16日生の香月くん。
兜をかぶって堂々と記念撮影する香月くん☆

 『我が家の宝物』

Photo_2「ふらここ」さんとの出会いは「コンビミニ」さんからのメルマガでした。今まで見たことがないかわいらしいお顔の五月人形。一目惚れでした。

 

まだ大丈夫だろうとのんびりしていたらあっという間に完売の文字が・・・。すぐふらここさんのホームページを見つけ在庫ありの文字にホッとしました。

 

両親からは五月人形かこいのぼりか好きな方を選んでいいと言われていたので迷わず五月人形にしました。

 

パソコンが苦手な両親のために資料も請求させていただきました。これはとてもありがたかったです。待ちに待って届いたお人形はとてもかわいらしく大満足です。梱包もしっかり丁寧にされており安心しました。

 

息子に「お人形さんきたよ、かわいいね」と言ったら、じぃーと見て手足をばたつかせてキャッキャッと喜んでいました。

 

これから毎年飾るのが楽しみです。

 

それから問い合わせの際に何度か原様とメールのやりとりをさせていただきましたが、とても丁寧な対応をしてくださり、メールの文章からでも原様のお人柄が伝わってきました。その節は本当にありがとうございました。

 

「ふらここ」さんに出会えて本当に良かった。

 

綾乃ちゃんの初節句

千葉県にお住いの木瀬 綾乃(きせ あやの)ちゃん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年4月3日生の綾乃ちゃん。
おめかししてごきげんな綾乃ちゃん♪満面の笑みです!

 

『ぷっくりほっぺのお雛様』

Photo娘の初節句のため11月頃から雛人形を探し始めました。

自分自身が子供の頃は雛人形というと怖いイメージがあり、「夜になると動くかも」「目が光るかも」など恐怖ばかりであまり親しみを持てませんでした。

そんな経験から、小さい頃から愛着を持って触れ合えるようなかわいらしいお雛様を探した結果、木目込み人形に出会いました。

そのなかでも「ふらここ」のお雛様は娘にそっくりなぷっくりほっぺのかわいらしいお人形で「これしかない!」と思いました。主人と母も気に入ってくれたので購入することに決めたのですが、衣裳もいろいろあり、どれもステキでなかなか1つに絞り込むことができず苦労しました。

購入後手元に届いたお雛様を見て、娘もとても喜んでくれました。一緒に購入したつるし雛もとてもかわいらしく、三段飾りのお雛様をさらに華やかにしてくれました。

 

毎年飾る度に、娘が笑顔でこのお雛様と触れ合ってくれるととてもうれしいです。

そんな姿を想像すると、1年1年、翌年が待ちどおしいでしょうね。

ぷっくりぽっぺの愛らしいお雛様に感謝です。

 

明莉ちゃんと陽和ちゃんの初節句

福島県にお住いの長谷川 明莉(はせがわ あかり)ちゃんと陽和(ひより)ちゃん。
 
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年4月2日生で双子の明莉ちゃんと陽和ちゃん。
二組のお雛様も明莉ちゃんと陽和ちゃんのように仲良く、二人の成長を見守ってくれるでしょうね☆

 

『あかり雛 ひより雛』

_1平成234月、元気な双子の女の子を出産しました。
出産前から、実家の母と雛人形を探して雛人形展に足を運んでいましたが、気に入った雛人形には、出会えませんでした。

そんな時、母が「かわいいお雛様、見つけたよ。絶対にこれがいい。私が欲しいくらいよ。」とインターネットで見つけてくれたのが、ふらここのお雛様。お顔のかわいらしさ、お着物の刺繍の美しさ、私もカタログを見て一目惚れ。

実家の両親が、二人だから、各々がお嫁に行く時に持って行けるようにと二組、お着物の色違いで買ってくれました。京刺繍の桜色と桃色です。

ふらここのお人形は、すべて職人さんの手仕事だから世界でたったひとつだけの作品という事は本当の事だなぁと、実際手にして思いました。

 

我が家の二卵性の双子も似ていますが、違います。二組のお雛様が、各々の顔に似ていて、とっても気に入りました。こちらが「あかり雛」、そちらが「ひより雛」。ずーっと娘達の成長を見守って下さいね。

_2_4

本当に素敵な雛人形をプレゼントしてくれて、遠方より初節句の御祝いに来てくれて、両親には本当に感謝しています。ありがとう。

家族が六人になり、「あかり雛」「ひより雛」に見守られ、8歳の息子の手作りケーキで賑やかな初節句になりました。

娘達が早くお雛様で遊べるようになるといいなぁ。

成長が楽しみです。

2012年7月30日 (月)

愛純ちゃんの初節句

兵庫県にお住いの奥野 愛純(おくの あすみ)ちゃん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年8月10日生の愛純ちゃん。
大好きなおばあちゃんと一緒に記念撮影!可愛いポーズも見せてくれています☆

 

『おひな様と一緒に♪』
_2_8長女愛純の初節句。「おばあちゃん」となった母からのメールでふらここさんのお人形を知りました。

 

母に教えてもらったホームページを見ると、これまでのおひな様のイメージをいい意味で変える、かわいいお顔のおひな様がずらり。ふっくらしたお顔やかわいらしいおめめは愛娘と似ているような・・・。

 

そして、2月10日のちょうどハーフバースデーの日に、「じぃじばぁばからのプレゼント」として我が家に来てくれたおひな様。

 

愛純は意味はわかっていないにしても、色んなものに興味を持ち始める時期。ニコニコしながらおひな様に近寄ったり手をのばそうとしたり。

 

今年は細かい部品等を誤飲しないよう守るのに必死でしたが(笑)、いつか一緒におひな様を飾ったり片付けたりする日がくるのかなぁなんてすごく楽しみです。

 

長女のお節句を一緒に過ごしてくれたおひな様ありがとう。

大切な大切なこの子の成長を見守ってて下さいね?

_1_8

椛ちゃんの初節句

神奈川県にお住いの石原 椛(いしはら かえで)ちゃん。
ふらここアルバム」(Vol.4)にご投稿いただきました。

2011年9月7日生の椛ちゃん。
お雛様と並んで、とっても嬉しそうな笑顔の椛ちゃんです♪

 

『春の香りとともに』

_1_6お人形が届いた日、こどもたちが寝静まった夜中にじっくり飾るつもりでしたが、丁度よくお昼寝中に届いたので、夜まで待ちきれず、箱を開けました。

逸る心をおさえつつ慎重に箱を開け、包みを開くと、なんともかわいらしい雛人形が素敵な香りとともに現れました。

 

その時、娘を初めて見た時に感じた思いが鮮やかに蘇ってきました。まるで、小さなかわいいお花が咲いて私たちに幸せを運んできてくれたようだ・・・。

 

手のひらに乗るかわいい大きさなのに、その存在感はしっかりあって、作り手さんのお人形を大切に思う気持ちが伝わってくるようでした。

 _2_6

大切な椛ちゃんのお雛さま。

いつか大きくなって一緒に飾れる時がきたら、椛の誕生を家族みんなが心待ちにし、あなたの存在が私たちにより多くの幸せを届け、気づかせてくれた事を伝えてあげたいです。

ふらここさんに出会えて、この様な気持ちになれた事に感謝しています。本当に素敵なお雛さまをありがとうございました。