« 2010年11月 | メイン | 2011年5月 »

2010年12月

2010年12月 1日 (水)

『パステル新聞(12月号)』にコラムが掲載されました。

『パステル新聞(12月号)』に、ふらここ代表・原 英洋が執筆する「季節のココロ『子どもたちのための伝統行事』」が掲載されました。

12月のテーマは、“冬至”。

D025012月22日は、冬至。

この日は、一年で最も昼が短く、夜の長い日です。

寒さもこの頃より本格的になりますが、この日から昼が少しずつ長くなってゆくことから、現代でも、太陽がよみがえる日として世界各地で冬至祭が祝われています。

冬至の日に、ゆず湯に入ると風邪をひかないという言い伝えがあります。

鮮烈な香気をもつ柑橘類は、古来より邪を祓う神聖な果実と考えられており、そこからゆず湯に入って無病息災を祈る風習が生まれました。

〉〉「季節のココロ『子どもたちのための伝統行事』」を読む

『パステル新聞』のホームページはこちら