« まこちゃんの初節句 | メイン | 『パステル新聞(6月号)』にコラムが掲載されました。 »

2010年5月 1日 (土)

『パステルダイアリー』にコラムが掲載されました。

『パステルダイアリー』に、ふらここ代表・原 英洋が執筆するコラム「我が子の幸せを願って!」が掲載されました。

5月の話題は“端午の節句”。

Genkinako_35月5日は、端午の節句。
「端」は“初め”という意味で、「端午」とは“月の初めの午(うま)の日”のことを表します。

この行事は中国から日本へ伝わったものですが、中国では、この日に野に出て薬草を摘(つ)む風習がありました。
この日に人々は、蓬(よもぎ)で作った人形や、菖蒲(しょうぶ)で編んだ薬玉(くすだま)を軒先に飾り、菖蒲酒(しょうぶざけ)を飲むなどして、身の穢(けが)れを祓(はら)いました。

日本には、奈良時代以前にこの風習が伝わり、田植えの前に豊穣を祈る行事として行なわれるようになります。
強い香気をもつ蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)の葉は、魔を祓(はら)い清める力があると信じられていたことから、人々は、民家の屋根や庭にこれらの葉を敷き詰めて魔除けとし、田の神をお迎えして、豊穣(ほうじょう)を祈りました。

これが鎌倉時代になると、菖蒲は尚武(しょうぶ)に通じるとして、男子を中心とする祝いの行事になります。

現代では、5月5日には五月人形や菖蒲の花を飾り、鯉のぼりを立てて、男の子の健やかな成長を祝います。

ご両親や祖父母の温かい愛情をいっぱいに詰め込んだ、端午の節句。
我が子の幸せを願う親の想いは、いつの時代も変わらないようです。
   
 
            ~ 端午の節句の豆知識 ~

◎ 鯉のぼり

A0350_2端午の節句といえば、元気に泳ぐ「鯉のぼり」が目に浮かびます。

鯉(こい)は滝をも登るといわれる魚で、“力強さ”の
シンボル。
鯉のぼりは、“龍門を登った鯉は龍になる”という
中国の故事『登龍門(とうりゅうもん)』にあやかって、
わが子の立身出世を願って飾ります。

また、てっぺんで泳ぐ五色の吹流しは、森羅万象の
永遠の安定を象徴し、五月の空を鮮やかに彩ります。

◎ 菖蒲(しょうぶ)

Hanash11_2端午の節句に欠かせないものといえば「菖蒲」ですが、邪気を祓(はら)う力が
あるとされるのは、サトイモ科の「菖蒲」のこと。

この植物は常緑多年草で、葉や根茎に独特の芳香があり、身体を温める作用があることから「菖蒲湯」にも使われます。

一方、「花菖蒲(はなしょうぶ)」はアヤメ科の植物で、その仲間には「アヤメ」や「カキツバタ」があります。

「花菖蒲」は花を2回咲かせますので、最初の花が咲き終わったら、しおれた花をそっと摘み取ってあげることをお忘れなく!

◎ 柏餅(かしわもち)

A0220端午の節句の定番といえば、「柏餅」。

柏の葉は、秋には落葉せずに冬を越します。そして、
春に新芽が出ないうちは古い葉が落ちないことから、“家系を絶やすことなく繁栄させる”という縁起をかついで食べる、端午の節句の必需品。

ちなみに、小豆餡(あずきあん)よりも、味噌餡(みそあん)の方が歴史が古いそうです。

Pro08_004_pi_005_3 ◎ 粽(ちまき)

中国では、旧暦5月5日は国民の祝日として、今でも盛大な「端午節」のお祭りが行なわれます。

この日に粽(ちまき)を食べる風習が日本へも伝わり、平安時代頃から、端午の節句に粽を供えるようになりました。

※画像提供:虎屋

〉〉『パステルダイアリー』を見る

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.beblog.jp/t/trackback/367788/24027279

『パステルダイアリー』にコラムが掲載されました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿